鏡を見て肌を気にする女性

ハイドロキノンは市販薬としても販売されており、女性にとって美白効果のある成分として知られています。主に日焼けの跡やシミ、肝斑といったものの改善薬として使われており、クリーム状になっているものが多いです。このハイドロキノンは、シミの原因となるメラニン色素の産生する数を抑えて、さらにメラニン色素を産生してしまう細胞の数自体も減少させるため大変美白効果に優れており、別名肌の漂白剤とも言われています。

ハイドロキノンは、還元作用があるので写真の現像にも用いられ、さらにゴムの酸化防止剤としても使用されていました。野心の現像をしていた人の肌が白くなったことを受けて、美白効果のある物質だと発見され、化粧品などに用いられるようになった経緯があります。海外においてはシミなどの色素沈着が起きてしまった際の治療薬として用いられていたのですが、日本においてはそれまで医療機関でしか購入できない成分であったのですが、2001年に薬事法が改正され、2%までの配合であれば市販薬でも良いと厚生労働省より許可を得られることができたので、市販薬の場合は2%までのものが販売されるようになりました。ですがこれよりも濃度が濃いものを欲しい場合はやはり病院での処方が必要になるのです。

ハイドロキノンには様々な濃度があり、一般的に使用されるハイドロキノンクリームには、1%から5%までの濃度が存在しています。濃度が強い分効き目もあるのですが、その分副作用も起こりやすくなっており注意が必要なのです。一時的に起こる副作用には、赤みや腫れ、かゆみといったものがあげられます。一時的に赤みや腫れ、かゆみといった副作用が出るのは、健康な肌に戻していく際に起こるものであり、ダメージから回復しようとしている皮膚の状態でもあるのです。もちろん個人差があり、副作用の出方はそれぞれ異なります。自分ではハイドロキノンによる副作用が出てしまったのか、それとも皮膚が生まれ変わるために一時的に出てしまっているのかを判断しにくい部分もあります。ですので、不安に感じた場合は医療機関を受診して肌の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

また、事前にパッチテストを行っておくと安心です。パッチテストというのは皮膚の反応検査のことで、腕など皮膚が健康な部分に薬剤を塗って様子を見る方法です。ばんそうこうやガーゼにハイドロキノンクリームを少量塗り、それを二の腕付近に貼り48時間以内に赤みや腫れ、かゆみなどが生じなければ、ハイドロキノンを使用することができます。このようなパッチテストを行ったうえで、異常がなく、数日後に肌のかゆみを感じたり赤みが起きている場合は、一時的なものと考えても良いでしょう。

ハイドロキノンは効果が高い分副作用もあります。副作用をできるだけ起こさないようにするには、ハイドロキノンの濃度を低いものからスタートすることが大切です。ハイドロキノンの場合、濃度が高いほど美白効果が強いのですが、効果が出るということは副作用も出るということであり、肌に負担をかけてしまうこともあります。肌が若干弱いと感じる場合は、1%ほどの濃度のものから初めて徐々にならしていくことで、肌への刺激を感じることが少なくなっていきますので、いきなり高い濃度から始めないようにしてください。

クリーム状のものを治療として良く使用しますが、形状からしても化粧品のような感覚になりますが、立派な医薬品でもあります。医薬品である以上副作用もあるので、使用する前には必ず副作用を確認するようにしましょう。腫れやかゆみ、赤みが起きた時、冷静に対処することができるからです。